カテゴリー別アーカイブ:

2015年12月に読んだ本

はい、今月も今日(19日)から付けるので覚えてないよ!!!
覚えてるのだけ適当に残そう。こういうのやっぱり向いてないのかな…

2015年11月に読んだ本


晴追町には、ひまりさんがいる。 はじまりの春は犬を連れた人妻と (講談社タイガ)
いろいろな恋愛模様を春近視点で描いていく物語と読むか、
ひまりさんと有海さんの異類婚姻譚と読むか。
てか、そもそも程度は別としてほんとに苦い恋愛物が好きなんだなあと思う。


ポケット六法 平成28年版
過去の辞書シリーズと同じく通読したわけではない。
お勉強に必要になったので購入。
あ、クリアファイルもらえました。ぽっぽー。


3×3EYES 幻獣の森の遭難者(2) (ヤンマガKCスペシャル)
3x3EYESの新作2作目。
しかし能力や怪物のルビが変なカタカナになってるのが気になる。
舞鬼が活躍していて楽しい。


Kiss×sis(15) (KCデラックス ヤングマガジン)
三国がついに自分の意志で食い込んできてよい。


バビロン 1 ―女― (講談社タイガ)
続きを早く。


【1~6巻合本版】ノーゲーム・ノーライフ < 特典付>< 【1~6巻合本版】ノーゲーム・ノーライフ <特典付>> (MF文庫J)
これ続きうっかりするやつだ。
この合本版のおかげでKindleの取扱になれました。
電車内でも片手で読める。


信長のシェフ 14 (芳文社コミックス)
松田の小物感がすごい。


ノーゲーム・ノーライフ 7 ゲーマー兄妹たちは定石を覆すそうです< ノーゲーム・ノーライフ> (MF文庫J)
ということで、さくっと7巻。
いままで基本的に1巻完結で来たのにここで引き延ばすのはひどい。
ジブリールの考え、ゲームの行方、楽しみです。


手のひらの露 2 (星海社FICTIONS)
johandの過去と因縁がどうなっていくのか。そして証券会社の無情さ。お仕事だからね。
あと手のひらの露食べ物処ツアーしたい。


同居人はひざ、時々、頭のうえ。(1) (ポラリスCOMICS)
ハルサイドが面白い。
猫飼いたいけど飼ったら人生終わりそう。


虚構推理(2) (講談社コミックス月刊マガジン)
生でお食べ。
鋼人七瀬も気になるけど、やはり恋愛模様が気になる恋愛脳。


累(7) (イブニングコミックス)
そろそろ惰性で読んでる感が出てきたので、もういいかな。。。


憲法〔第5版〕
「初学者も面白く憲法を読める」という煽りの通り、面白く読めました。
憲法のコンメンタールとかも読んでみたいけど、頭パンクしそう。


僕と死神の黒い糸 (講談社タイガ)
なんと表現すれば良いのかわからないんだけど、なんとなく少女漫画orもうちょっと上の世代の女の子に向けて書かれている感じを受けた作品。
や、個人的は嫌いじゃないし続刊も読みたいと思うんですけど、なんて言えば良いのかな。伝われ。

2015年10月に読んだ本

付け忘れていたので漏れとか間違いとかあるかもだけど、気にしない方向で。
あとコメントも都度都度付けてたので今回はなしで。

2015年9月に読んだ本


インシテミル
読み始めは人狼っぽい?と思ったけどちがった。
もっといろいろミステリ読んでたら楽しめたのかなあ、と読後に思ったけど、どうなんだろう。
あと一気読みしないとわからなくなる。なる。


弱虫リザウンド
ReLIFEの作者と見掛けてふと買ってみた。
歌ってみたとかボカロP、動画制作者などのサークル青春話。


小林さんちのメイドラゴン3
新キャラが続々と出てきてそろそろ辛くなってきたのかな。


燐寸少女
表紙買い。
マッチ売りの少女をベースにした、妄想が具現化するという燐寸を売る少女とそれを使う人たちのお話。
表紙買いしたけどお話も好き。


緋のエチュード
シャーロック・ホームズシリーズの第1作。「緋色の研究」の方が邦題としては有名らしい?
シャーロック・ホームズシリーズは読んだことがなくて、昔に名探偵ホームズを見ていてキャラクターを少し知っていたくらいだった。
それだけでBBCのシャーロックを見てとても面白かったので原典回帰。
ちゃんと順番に読みたいので、次どうしようか悩み中。


甘々と稲妻(5)
ハートフル父子料理漫画。
子供かわいい子供ほしい。


3月のライオン(11)
8月じゃないですね。
10巻のラストもなかなか衝撃でしたが、11巻は大笑いしながら読んでいました(レアケース)
みんなは桐山くん成長云々とか感動していた?けれどこれを笑って読むしか出来ないのがダメなのかもしれない。


孤独のグルメ(2)
おなかすいた。


僕らはみんな河合荘(7)
ライバル出現?!からのついに大きく進展しはじめた関係にニヤニヤしながら読んでました。
律ちゃんかわいい。


ルワンダ中央銀行総裁日記
Twitterで突如話題になったラノベっぽいという本。
時代が古いというのもあるが、異世界とかラノベとか置いておいてもかなり面白かった。

2015年8月に読んだ本

8月は一部のみ。


朝日新聞
久しぶりに紙の新聞を購読始めた。
@misasaguy に1紙読むならどれ?と尋ねて確定。
しかし本人には昔「複数紙読むべき。」と言われていたので申し訳ない質問をしたと思ってる。
あと、これは本ではない。


掟上今日子の挑戦状
西尾維新はやはり短編の方が面白いと思う。
相変わらずの今日子さんの守銭奴っぷりも好き。

百万畳ラビリンス(上・下)
突然無限に続く世界に放り込まれた2人の脱出ゲーム。ゲームじゃない。
SFミステリ。うん、SFだね。
世界の構成方法とか面白かった。

Wizard’s Soul  ~恋の聖戦~ (4)
後書きにも書かれているけど打ち切り。
駆け足ながら無事GP四国を終わらせてくれたのでよかった。
まあ正直読者対象をかなり絞る作品だと思うので打ち切りしかたない気がする。
TCGを題材にするとやはり難しいと思う。が、カードの王様は9巻まで続いていたのか。すごい。


星の王子さま(Kindle版)
誰もが名前は知っているだろう作品。
でも読んだのは初めてだった。

いったん誰かを飼いならしたら、いつまでもその人との関係を大切にしなくちゃ

星の王子さまからの引用はいろいろあるけれども、個人的にはこの一文。
飼いならす=絆を結ぶ、なのはいまいちわからないけど。他の翻訳だとまた違うのかな。


10ミニッツメイド(Kindle版)
Kindleは@senyoltw に古いのを譲ってもらったんだけれども、「漫画は重いと思う」と言われていたのに漫画とは知らずにポチってしまった作品。でも普通に読めました。
いろいろな人のもとに現れる10分限定メイドさん。
それぞれのストーリーをしっかり読ませてもらえて良かったです。
メイドさんってのはこうでなければ。


砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 角川文庫(Kindle版)
昔、富士見ミステリー文庫版を読んで以来の再読。
当時はこの作品をきっかけに桜庭一樹本をいろいろ読んだ。
正直胸くそ悪い作品ではあると思う。救いは(ほぼ)ない。(でも|だから)好き。
好きって絶望だよね。


氷菓
アニメ版は見ていて、森の図書室で原作を見つけたので手に取ってみた。
アニメも3年前に一度見ただけなので概要は残っていても詳細は覚えていなかったこともあってか、アニメという強い映像もほぼ浮かぶことなく読むことができた。
記憶が薄れていたこともそうだが、純粋に面白く引き込まれて読めたのが大きかったと思う。
これをきっかけにTwitterで他の米澤穂信作品読むかなと言ったらあつまった情報以下。

古典部シリーズ
儚い羊たちの祝宴
インシテミル
ボトルネック
小市民シリーズ

  • 春期限定いちごタルト事件
  • 夏季限定トロピカルパフェ事件
  • 秋期限定栗きんとん事件

さよなら妖精
犬はどこだ
追想五断章


恋は光(3)
つらい。
所謂普通とは違う考え方をするとされる人達の、2巻よりされに拗れていく人間関係の糸。
恋を失い喪に服す。意図的にしなくても事実上喪に服すことも多いのでは。


岩波国語辞典 第七版;新版
本ではない第2段。
言葉の再定義。だいたいこんな意味、であやふやなままにせずに調べ直すことにした。
一度引いたものにはマークをしていっている。


メフィスト 2015 VOL.2
西尾維新目当て。
戯言シリーズから続く流れはいつからミステリがSFに変わったのかとふと考えた。
クビシメはまだミステリですよね。クビツリあたりはもう怪しい気がする。
掟上今日子の暗号表、「挑戦状」に載ってるやつでしたつら。
他のも適当な時に読む予定。しかし基本連載物なので毎号買うわけじゃない自分にはつらい。


手のひらの露
期待の大型新人、@shachi による書き下ろし単行本。
トレーダーの兄と大学生の弟の物語。
株とITのお話で風呂敷も最後には綺麗にたたんでくれてとても面白かった。
全3巻の予定ということなので、時間もとても楽しみ。


図解 自分の気持ちをきちんと「伝える」技術―人間関係がラクになる自己カウンセリングのすすめ
図解 相手の気持ちをきちんと”聞く”技術―会話が続く、上手なコミュニケーションができる!
土台の再確認。わかっててもできなかったことを改めて確認したり、自分を客観視しての対応を少しずつでもできて変化できるといいなあと。
自覚的に自分がとてもよくしていたことがいくつか書かれていたのでそこからでも。


火山入門 日本誕生から破局噴火まで (NHK出版新書)(Kindle版)
火山の基本から歴史上の大きな噴火、その他入門という名のとおり基礎知識を教えてくれた本。
火山の予測の難しさとこれからの大きな噴火に関しての注意、実際にそれで起こる影響などもまとめてくれるので、万が一に関しての対応知識にもなるので良い本でした。


夫婦日常エッセイ漫画「僕たちの話」(Kindle版)
@dankoromochi のエッセイ漫画。
RTで流れてきたのを読んでその他もいくつか読んでぽちった。
わかるわっていうものとこうありたいって思うことが多くて良かったです。
いい奥さまでうらやましい。